研修2日目は金山町にある「エヌシップ」

という農業法人の会社。

ここの会社は野菜栽培のみで経営を成り立たせている

会社です。

約15haの面積で、約20人ほどの雇用。

考えるだけで不可能なイメージですが

それを可能にしています。

 

 

社長はまだ30半ば。

若手でやり手のイケメン社長さん!

 

夏場は普通に収穫して出荷できるのは当たり前のこと。

じゃあ冬は?と言うと。

 

この大量の雪を有効活用しているんです。

キャベツやニンジンなど秋に収穫したものを

雪の中で保存することによって糖度も上がり

保存期間も延びる。

電気代なんていう経費も不必要。

自然の雪を上手く使ったこの方法で

「かまくらやさい」という商標登録を取り

自社のブランド野菜として大手のスーパーに

出荷しているそうです。

 

 

お話しを聞いているだけで

目からウロコ!

想像力と活動力、そしてアイデアが素晴らしいと

感動しました。

 

 




そんな中でも、いい話だけではありませんが・・・

いろいろと苦労していらっしゃる方なんです。

 

でも、

私的には、とてもいい刺激になりました。

そして、

経営者としてまた一つ勉強になりました。

 

忙しい中、お時間を作ってくれたこと。

本当にありがとうございました。




 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL