本日の「東奥日報」朝刊に掲載されました。祝

 

「販路開拓」と題して

小野やの仕事内容や、現在の状況

そしてこれからの目標などが内容として書かれています。

 

 

今年で10年になる小野や。

この掲載をバネに、11年目の新しいステップに

繋がるよう!日々精進。そして日々前進していきます。

 

東奥日報編集長様。

本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

年末年始は12月29日〜1月6日までお休みとなります。

1月7日より通常営業となりますのでご了承下さいませ。

 

本年もたくさんの方々に十三湖しじみを宣伝できたことに

感謝いたします。

来年もまたどうぞよろしくお願いします。

 

よいお年を!!

 

 

年末に届いた頂きもの。

ケイ・エイム・ナチュラルさんから

「フリーズドライのりんご」をいただきました。

 

しかも!

社名入り!

 

なんという嬉しいお届け物でしょう。

 

これを作るにあたって

りんごが色つく前からラベルを貼り

秋になってようやく完成する。

そんな時間のかかる手間暇を考えると

感謝の気持ちでいっぱいです!

 

本当にありがとうございました。

事務所で大事に飾らせていただきます。

 

 

 

物産展も後半戦!

青森県の懇親会などもあり

盛り上がった夜・・・

 

帰る途中にふと上を見ると

名古屋駅の上には3棟のでかいビル!

迫力満点だ!

青森では到底見ることができない。

東京ではこんなのが普通なんだろうね(笑)

 

駅の中には、大きなクリスマスツリー。

綺麗にライトアップされていた。

 

もちろん周りはカップルだらけ。

 

名古屋は都会だけど

なんとなく過ごしやすい気がする。

人は多いけど、東京ほどではない(笑)

 

一番は、「しじみ好きなお客様が多い」ということですね!

あと2日!

最後まで「十三湖しじみ」の宣伝に励みたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

つがる市で5年ほど前からシャインマスカット栽培を

行っている私の師匠のハウスへ。

そろそろ収穫時期だから食べにおいでよ!という

お誘いをいただいたので。(笑)

試食しに行ってきました。

 



見事に育った大粒のシャインマスカット!

さすが!師匠!

ホントに見事!素敵!最高!

もう褒める言葉しかでてきません。

 

糖度も18%以上あるそうで

口の中に甘味が広がります!

 

目指すはこの大きさと形。

しっかりと目に焼き付けました。

2年後、私のシャインマスカットもこうなって

いるように頑張ります!

ごちそう様でした。

 

 

 

 

 

深浦町の2日目。

宿泊施設のおすすめはなんと言っても

「不老ふ死温泉」

海沿いにある露天風呂は最高の景色!

波の音を聞きながら、青い空を見ながら

そして大自然の解放感に浸りながら。

こんな雰囲気の露天風呂ななかなか珍しいと

おもいますけどね〜。

素晴らしいとしか言えません!

 


そして、世界遺産白神山地にある十二湖のひとつ

「青池」

まさに青い池。

神秘的ともいえます。

なんかパワースポット感が半端ないって!(笑)


そんなスポットがたくさんある深浦町。

まだまだ紹介したい場所はいろいろありますが

詳しくは来年の夏号のDMで!

 

どうぞお楽しみに!

深浦町、本当にいいとこでした。

次はプライベートで行きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来年の小野やのDM夏号に掲載する用で

今回は「深浦町」を取材してきました。

 

深浦と言えば、

おもてなしご膳「マグステ丼」で有名ですね。

また、

深浦と言えば、夕日海岸です。

日本海に沈む夕陽が見える最高の場所。

そんな深浦町のおすすめスポットを探しに

恒例のカメラマン・記者・デザイナーと私の4人で

1泊2日の旅となりました。

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

 

 

 

プロのカメラマンの撮影のため

画像が調整できないので、このままの大きさで紹介

させていただきましたが。

 

とにかく、海!青い空!マグロ!って感じの深浦町。

曇り予報でしたが、晴れ女のパワーは半端ない!って。(笑)

汗だくになるような晴天に恵まれ

最高の景色を撮影できたと思いました。

 

詳しい内容は来年の夏号で紹介されます。

どうぞご期待下さいませ。

 

 

 

 

 

 

 

2月。

突然、しじみのみそ汁を卸していただけないか?と一本の電話。

2ケース。数にして80袋。

支払いは月末になります。

会社名は「かんとう農産販売」。

病院などの社食で使いたいとのことだった。

 

目先の売り上げに目がくらみ、

ついつい取引してしまったのが

今回の過ちの始まりだった。

 

その後も、追加注文があり

ずいぶん大口な取引先だと感じてはいたが

その反面、少し怪しい感じもしてきていた。

注文のペースがやけに早い・・・

そう思っていた日、またもや追加注文。

そこで、

金額も大きくなってきたので一度入金してください。と

言った瞬間、逆切れ!

契約違反だろ!と。そして追加注文はキャンセルされた。

 

その後、まったく連絡もなく

こちらとしては当然、月末に請求書を郵送した。

 

そして、不安な気持ちで迎えた3月末には

当然入金されず、4月2日。

かんとう農産販売から送られてきた一通のお手紙がこれ・・・

 

会社。倒産・・・。

 

やっぱりか‼

 

やられた‼

 

完全なる詐欺。

 

ネットで口コミ情報を調べると

同じような手口でやられている同業者が何社かあった。

 

悔しいけど、正直自分の責任です。

これを機会に今後の取引きの仕方を

考え直すいいきっかけになったと思います。

 

 

 

 

 

町のブランド推進協議会にまたまた参加。

今回もまた小泊漁港からスタート!

今日は運よく、ヤリイカの水揚げを見ることが

できました。

元気に泳ぐヤリイカ。

なかなかお目にかかれません!

 

 



小泊の魅力にひかれつつある自分・・・

海の素晴らしさを実感させられます。

なんといっても、新鮮な活ヤリイカ刺しは絶品!美味!

透き通ったイカ。吸盤がまだ吸い付く感じ。

コリコリの食感。ここでしか味わえないこの素材。

函館に行けばこれで2,000円はするでしょう!

とても貴重で贅沢な時間をいただきました。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 


 

小泊地区の加工施設に「リキッドフリーザー 凍眠」

という瞬間凍結機が設備されたということで

視察に参加。

予想以上にコンパクトで容量的には少し小さめだが

瞬間凍結機だけあってものの15分ほどで冷凍して

しまうという優れた機械だ。

 

マイナス30℃の液体アルコールで物質の

細胞を壊すことなく凍結させる。

そのことによって、解凍後のドリップが

流れにくい。という実験の結果も出ている。

今後、小泊漁港で水揚げされた魚を冷凍して

保存しておくには最高の機械だ!

 


今回は試験的に、現在水揚げされている

ヤリイカを真空パックして凍らせてみた。

 

10分もしないうちにイカは凍った!

イカは薄いものだからこれくらいで簡単に凍る。と

漁協女性部の方は語る。

その後、流水で解凍し、試食タイム。

素晴らしい!活イカそのまま!まではさすがに

いかないが、十分といっていいほどヤリイカの食感が

残っている!

これはイケる!と確信した瞬間だった。

今の時期しか水揚げされないヤリイカの刺身。

この商品をなんとか完成させて、夏のお手紙で

紹介しようと決めました!

 

お楽しみにしてお待ちください。

おそらく、食べたことのない「イカ刺し」を

味わえるはずです。