先日、ATVの「わっち」で放送されてから

この毛豆豆腐の人気がおさまりません!

ありがたいことではありますが・・・

小野やは豆腐専門ではありませんので

お客様にご迷惑をおかけしていると思うと

とても心苦しく感じています( ノД`)シクシク…

 

週に2回。

約80丁しか作れませんが

それでも食べたいと、朝から並んでくれています。

今回も開店早々5分で完売!という結果。

 

本当にありがたく

TVの力に驚かされます。

 

もう少しの間この毛豆豆腐は製造できます。

豆が無くなり次第終了となりますので

ご了承ください。

 

本当にありがとうございます!

 

 

 

先日、ATVさんで取材にきた「わっち農園の毛豆どうふ」

ついに販売開始です!

 

400g以上入って250円。

自然栽培の毛豆100%使用。

 

濃厚な豆の味と、ヨーグルトのような触感に仕上がりました。

 

 

これは、豆腐とうような

豆腐じゃないような・・・(笑)

普段食べている豆腐とは違うものだと感じています。

 

 

毛豆はおからも味が強いため

炒めて食べても、他の具材に負けなくらい

しっかりとした味がします。

 

 

 

この豆腐は、一回で作る個数が決まっているので

数に限りがあります。

そのため、おそらく即完売となるでしょう・・・

しかし、2月いっぱいは度々ですが製造しますので

気長にお待ちください。

 

できるだけたくさんのお豆腐を作って

お客様に提供したいと思っております!

 

 

 

 

無添加・無糖の完熟ブルーベリージャムが

大好評で販売中です。

中泊町産の完熟ブルーベリー100%使用!

甘さも、酸味も食材そのままの味です。

 

販売先の「マエダストア」さんから

たくさんのご注文をいただいたので

早速、仕込み作業に入ります。

 



 

なんといっても、

無添加・無糖のブルーベリージャム。

健康志向の現代には最高の商品です。

 

ヨーグルトに添えてもよし!

パンにつけても良し!

素材本来の味をお楽しみいただけます。

県内の

マエダストア「産直コーナー」にて

販売中です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小野や加工部。

今回は、トマトピューレ作りに挑戦します。

 

中泊町では多くのトマト農家さんがいます。

その中で、熟しすぎた完熟トマトが廃棄されている

ということから、「もったいない」ということで・・

タダ同然の安値で譲っていただき、

トマトピューレにして何か商品にできないものか?と

只今、加工しながら模索中です。

 

大型の回転鍋には約300kのトマトが入ります。

これを煮詰めた後、「パルパー」という機械で

こしていきます。

 

約300kのトマトから200kほどのトマトジュースになり

そこからもう一段階凝縮させて約半分100kのトマトピューレに

なります。

糖度は約17度程度。

100%完全中泊町産トマトのピューレが完成します。

 

さて、

ここからが本題ですね。

 

どんな商品にしようかと思うと

ワクワクします!

お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

新しい取引先が決まりました。

今、どんどん店舗数を増やしてきている

「マエダストア」さんです

今回は加工品の取引ということで

「ブルーベリージャム」を委託販売して

いただけることになりました。

 

うちのジャムは無添加・無糖なので

「素材そのままの味です」が売り言葉!

この味をお客様に知っていただけるチャンス!

そんなに大きな動きはすぐにはないかもしれませんが

少しずつでも売れていくことを願います。

 

 

小野や加工部で製造している豆腐に

新商品として「充填絹ごし豆腐」が登場しました。

どんな豆腐かというと・・・

容器に豆乳とにがりを入れて蓋をしたら

蒸して固めるという作り方のお豆腐です。

簡単に言うと、茶わん蒸しのような感じ。

滑らかで、絹ごしのような食感。

湯豆腐はもちろんのこと、豆腐サラダや

冷ややっこには最適です!



試行錯誤してようやく形になって、販売出来るところまで

たどり着きました。

 

ぜひ一度お試し下さいませ。

「ピュア」にて好評販売中です。

 

一回の製造で50丁しかつくれないお豆腐です。

売り切れごめんなさいとなりますので

ご了承下さいませ。

 

 

 

 

 

 

 


 



9月から中泊町直売所「ピュア」にて、加工・販売しております
小野や加工部が手がける「よせとうふ」&「ざるとうふ」が
おかげ様で大好評!販売中です。

地元産の大豆「おおすず」を使用した昔なつかい手作りとうふは
大豆の濃厚な味わいと、まろやかさを感じることができます。
「よせとうふ」の食感はまるで「プリン」のよう。
「ざるとうふ」はざるによって水分が落ちるので「ヨーグルト」のような
食感を楽しむことができます。

地元「ピュア」でしか買うことのできない「とうふ」です。
ぜひ!一度お試しいただきたい一品です。

※小野や加工部が作る「よせとうふ」「ざるとうふ」は
毎週火曜日・金曜日の朝に店頭に並びます。
どうぞよろしくお願いいたします。


 


小野や加工部では只今、「豆腐作り」が行われております。

なぜ?豆腐?といいますと・・・

中泊町にある加工施設「ピュア」の加工場を

有効に活用したく、その中でも町の「大豆」を使い

「ピュア」でしか買えない「豆腐」を作りたかったのです!



そこで、講師をお招きし、今週から「豆腐作り」を

開始いたしました。

初めての豆腐作りは全てが新鮮で驚きでした。

この大豆からあんなに美味しい豆腐が出来るとは・・・

また、豆腐作りの大変さ、奥深さも経験できました。



このチャンスを生かし、この町の施設をフル活用し

「ここでしか買えない手作り豆腐」を目標に、これを

生産部の生業にしていければいいと思います!



まずは簡単に作業工程から。

浸漬した大豆を電動石臼で挽きます。



挽いた大豆は「なまご」と呼ばれ、このなまごを

沸騰したお湯で茹でていきます。



茹でられた「なまご」は、「にご」と呼ばれ

このにごを、荒めの布でこします。





こされたにごは、豆乳となって出てきます。

そして、一番大事な最後の「ワン・ツー」です。

にがりを豆乳に入れてワン・ツーという器具を上下に

動かします。

この作業で豆腐の出来が決まるといってもいいでしょう!





完成した豆腐は、ザルにもられ「ザル豆腐」いう

商品で販売される予定です。









これが「ザル豆腐」。

このほかにも「よせ豆腐」も販売予定です。



来月には「ピュア」の店頭に並ぶ予定ですので

どうぞお試し下さいませ。























加工部の佃煮作りがピークを迎えております!
ほぼ毎回しじみの剥き身作業と佃煮作りが行なわれております。

手間ひまかけてじっくり煮込んで作る
十三湖100%の佃煮は、おかげ様で大好評!
ぜひ一度、召し上がっていただきたい一品です。


今月新発売した「しじみの佃煮」が大好評!のため
小野や加工部は、佃煮作りで大忙しです!
まずは、活しじみむき身取り作業から。

回転釜で一回に100キロのしじみのむき身をとっていきます。



今の時期のしじみからは100キロで約8キロほどの
むき身がとれます。
時間にしてだいたい2時間ほど。



こうして取られたしじみの身は
きれいに洗われた後、丁寧に味付けされていきます。
活しじみだからこそできる、しっかりとしたしじみの身。
しじみの食感。しじみの味。こだわりにこだわった
本物のしじみの佃煮です!




小野やが作る本格的な「しじみの佃煮」。
ぜひ!一度お試しいただきたい一品です。

自信を持っておすすめいたします!