この季節になり、ようやくしじみの身も肥えてきました。

まだまだ肥えてくる予定です。

そんなしじみを朝の味噌汁でいただいてみました。

活しじみの身はプリプリしてジューシー!

しかも甘い。

十三湖ならではの味です。

 




6月後半にもなるとしじみは旬を迎えます!

もうすぐ「土用のしじみ」の季節がやってきます。

 

楽しみな反面、不安もあります。

それは、

今年の十三湖はしじみの不漁が続いています。

未だに漁獲量も安定せず、大粒しじみは販売中止させて

いただいております。

それが、しじみが本番を迎える夏。どうなるのか?

誰も検討がつきません。

漁場が違うのでおそらく大丈夫かとは思いますが・・・

正直不安ですね・・

 

お客様には、夏のしじみの情報がわかり次第

すぐお知らせしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

今シーズン最後の田植えは

毎年恒例となった中里小学校5年生の田植え体験で

締めくくります。

今年の5年生は20名と少ないながらも

元気いっぱい溢れる子供たちです。

天候にも恵まれ、1時間ほどで小さな田んぼ一面に

自由に苗を植えてくれました。

 


男子のほとんどが転倒し(わざとらしく)どろんこまみれに

なるというお約束の状況。(笑)

しまいには、顔に泥を塗って遊ぶ子供たちまで・・・

自由に?綺麗に?植えた中小5年生の田んぼ。

品種は「コシヒカリ」です。

順調にいけば10月20日ごろの刈り取りに

なる予定です。

楽しそうに田植えをしている子供たちの笑顔をみると

元気とパワーをいただいたような気がします。

いつまで続けれるかわかりませんが、せめてあと5年は

子供たちのために頑張ろう!と改めて思いました。

 

担任の相澤先生はじめ、お手伝いしてくれた

お父さん・お母さん方に感謝です。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 





 

朝日がとても気持ちのいい毎日が続いています。

12日から始まった田植えも、今日でやっと終了です。

今年の田植えは今までで最高記録となりました。

約20Haを植えました。

さすがに最終日は疲労困憊ではありましたが、なんとか

無事に終わることができ一安心です。

 

あとは除草と水管理、畦の草刈りなど・・・

実りの秋が今から楽しみですね。

 

次は、

大豆の種まき前の床作りが始まります。

今年も約40Ha・・・

落ち着くのは、6月入ってからでしょうね。

 

 

 

 

クボタの次はヤンマーさん。

今年は思いもよらず、各メーカーの田植え機を

乗せていただけるという経験ができました。

ヤンマーの田植え機はとてもデラックス!

全てがゴツイ!

 

 


こっちもまたハンドル周辺に操縦レバー等が集まっていて

ほとんどが電気制御されています!

ヤンマーはアクセルが足元にあるので

他メーカーと違って足を使わなきゃいけないという点が

ありますが、それ以外は満足でした。

植え付けなどはやっぱりヤンマーが一番!と

個人的には思います。

 

ヤンマーさんありがとうございました。

来年は直播の播種機を実演してみたいと願います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クボタさんから実演機が入りました!

GPS機能搭載の最新機。

今にも変身しそうな田植え機です。

 


ハンドル周りに集められたボタンやレバーは

作業の効率性を高めてくれます。

どんどん進化する機械。

いったいどこまで進んでいくのでしょう・・・

 

GPS機能。

手を放しても勝手に操作して真っ直ぐ進んでくれる。

まだまだ進化していく可能性はありますが

オペレーターとしてはとても乗り心地がいいです。

 

クボタさんありがとうございました。

とてもいい経験になりました。

 

 

 

 

 



田植え日和となりました!

本日から小野や生産部の田植え開始です。

今年はどんな出来栄えになるか。

ゆっくり焦らずその日の目標をこなしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

ゴールデンウィークもあっという間に終わりました。

皆様はこの期間いかがお過ごしだったでしょうか?

 

今年も小野やは、
立ねぶたの館・アスパム・ピュア・アップルヒルなどで実演販売や
活しじみの販売があり、たくさんのお客様に「十三湖しじみ」を
宣伝することができました。

この連休中、休みもなく頑張ってくれた販売スタッフの皆さんには
心より感謝いたします。

さて、
小野や生産部では今週は代掻き作業に追われます。

そして、週末からついに「田植え」開始です。

田植え機も新しく仲間に入った「さなえ」君には

今年のシーズンを頑張っていただきたいと思います!


 

とにかく今は無事に田植えを終えることを目標に!

精一杯、全力でのり越えます!

 

 

 

 

 

 

今年の十三湖は何かが違う・・・
例年にないくらいしじみの水揚げ量が激減しております。(´;ω;`)ウゥゥ


そんな中、やっとのことで入荷した「中粒しじみ」。
改めて、しじみの貴重さを感じる瞬間です。(´;ω;`)ウゥゥ


新鮮なうちに、砂吐き作業に入ります。


お待ちいただいているお客様へ、少しでも早く
発送できるように、すぐ冷凍庫へ!



自然の力には決して勝てません・・・

それにしても、大粒・中粒しじみが激減してきました。

今年がこのような結果になると、来年ますます厳しく

なるような気がしますが・・・

 

今後、たくさんのお客様にご迷惑をおかけすることを

この場をかりてお詫び申し上げます。

申し訳ございません。

 


 

今年の新たなチャレンジは「無代掻き」です。

代掻きをせず、水を田んぼに入れて放置。5日ほど

土に水を吸わせ、トロトロにしてから田植えする。という

作業に挑戦してみます。

この方法はすでに実践している方がたくさんいるので

失敗する可能性はほぼゼロに近いと思います。が・・・

無代掻きは圃場を選ぶので今回の圃場が適しているかどうかは

やってみないとわかりません。


「バーチカルハロー」という作業機で土を粉々にしながら

後方にあるトルネードしたプレス機で転圧していきます。

圃場に綺麗な斜めの線が引かれていくのが気持ちいいもんです。

 

ロータリー耕より作業時間が早く、トラクターに乗ってても

飽きないのがいいです!

今年は面積が増えた分作業時間も計算しながら段取りしないと

後で大変なことになる可能性ありです。

とにかく1日1日を大事に。

今できることは何かを考えながら仕事したいと思います。

 

 

 

 

 

本日からようやく「むき身取り」作業開始できます。
解禁後なかなかまとまって入荷しなかった「小粒」。

やっと大量に入ったので早速!200kのしじみ。




身はそんなに肥えてはなく、予想通りでした。

今年一発目のしじみの身取り作業の結果、
200kから採れたむき身は約13k。エキスは20L。

これでやっと「しじみの佃煮」が作れます。

 

今年は、春からしじみの入荷に悩まされます・・・(´;ω;`)ウゥゥ

大粒しじみの水揚げは激減!

中粒も思った通りには入荷してくれません・・・(´;ω;`)ウゥゥ

自然の商品なので仕方ありませんが・・・

こんなに水揚げが減るとは思いませんでした。

お客様には多大なご迷惑をおかけすることになると思います。

どうか、今年1年。しじみに関しては厳しい年になるかと

思いますが、小野やをよろしくお願いします。

ご注文いただきましたお客様から順番に発送しておりますので

お時間はいただきますが、どうぞご了承下さいませ。